個人輸入は合法なのか | 日本で認可されていないジェネリックを購入する方法

日本で認可されていないジェネリックを購入する方法

白い錠剤

個人輸入は合法なのか

黄色の薬

個人輸入代行サービスとは、海外から輸入した医薬品をネット上で販売している通販サービスになります。
日本ではジェネリックの多くが認可されていなかったり、処方箋がなければ特定の医薬品を入手できなかったりとさまざまな規定があります。
しかし、これらはあくまでも日本国内で日本製の医薬品を購入する場合の規定であり、海外には関係のない話です。
そのため、海外からの輸入であれば、日本での規定を無視して医薬品を取り寄せることができるのです。
実際、薬事法でも、海外から個人の利用目的で医薬品を輸入することが許可されているため、この通販サービス自体に違法性はありません。

日本で認可されていない医薬品でも購入できるということは、ジェネリックを取り寄せて治療することもできるということです。
世界的にも最も有名なED治療薬「バイアグラ」についても、数々のジェネリックが開発されています。
男性のED治療を目的としているモノがほとんどですが、最近は女性用ジェネリックも注目されています。

女性用バイアグラの場合、当然ED改善を目的として利用されるわけではありません。
バイアグラの持つ血行促進効果により、膣内の潤いを回復させ、不感症治療などに用いるのです。
ずっと男性用の医薬品として認識されていたバイアグラですが、現在は女性にも役立つ医薬品になっているので覚えておいて損はないでしょう。

そんな女性用バイアグラも個人輸入代行サービスであれば問題なく購入できますので、不感症でお悩みの方はぜひチェックしてみてください。