ジェネリックを購入したい | 日本で認可されていないジェネリックを購入する方法

日本で認可されていないジェネリックを購入する方法

白い錠剤

ジェネリックを購入したい

数種の薬

ED(勃起不全)は男性ならではの症状で、性的刺激を受けてもペニスが正常に勃たなくなってしまいます。
まったく勃たなくなるだけではなく、勃起するまでに時間がかかるようになってしまったり、中折してしまうようになるのもEDに含まれます。
ただ、これらはその日の体調などによっても似た現象が起こるため、判断基準としては日を跨いで3回以上同じ現象が起きたかどうかが決め手になります。
もし何度も連続でこうした現象が起きているのであれば、残念ながらEDを疑った方がいいでしょう。

EDになってしまうことで男性としての尊厳がなくなってしまったと感じる男性が多いほか、ペニスが勃起しないことによって女性とのエッチさえもがうまくできなくなってしまうのです。
そのため、EDであることが原因で異性との関係を持たなくなってしまう男性も少なくありません。
しかし、バイアグラが初のED治療薬として承認されてからはそう悩むこともなくなりました。
レビトラ、シアリスと優秀なED治療薬が開発され、これらのジェネリックも今では数を増やしています。

新薬であるバイアグラ・レビトラ・シアリスはED治療をおこなっているクリニックから処方してもらうことができます。
しかし、これらのジェネリックとなると、日本で認可されていないことから、いくらED治療を専門としたクリニックからでも処方してもらうことができないのです。
ですが、ジェネリックは新薬と同じ成分・製造方法で開発されており、効果や安全性は変わりません。
そのうえ、開発コストが新薬よりも大幅に下がっていることから、新薬よりも安い料金で購入できます。
少しでも節約するため、ジェネリックを使って治療したいと考える人がいてもおかしくないでしょう。
そこで、日本で認可されていないジェネリックを購入する方法として知っておくと便利なのが、個人輸入代行サービスという医薬品の販売を専門とした通販サービスです。